横浜市金沢区、金沢八景の行政書士事務所|会社設立から各種許認可まで法人関係の手続きから、遺言・相続等個人の民事関係手続き、外国人の入国・在留関係手続きまで、誠実・迅速・丁寧にサポートします。

古物商許可

古物商許可の概要

古物商および古物とは

古物商とは、許可を受けて、古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のものを営む者をいいます。

古物とは、①一度使用された物品(※)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又は②これらの物品に幾分の手入れをしたものをいいます。

※「物品」とは、①鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、②大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除いたものをいいます。

古物商許可申請

古物商を営もうとする者は、営業所(営業所のない者にあつては、住所又は居所。以下、営業所等といいます。)が所在する都道府県ごとに都道府県公安委員会の許可を受ける必要があります。

古物商許可の申請は、営業所等の所在地の管轄警察署長を経由して、公安委員会あて許可申請書を提出して行います。

許可の基準(要件)は、法(古物営業法)の定める欠格事由に該当しないことです。

変更届

古物商は、許可申請書に記載した事項(※)に変更があったときは、公安委員会あて、営業所等の所在地を経由する警察を経由して、変更の日から14日以内(登記事項証明書を添付すべき場合は20日以内)に届出書を提出する必要があります。

※許可申請書の記載事項は、①氏名又は名称及び住所又は居所、並びに代表者氏名②営業所の名称及び所在地③古物の区分④管理者の氏名及び住所⑤行商をしようとする者であるかどうかの別⑥ホームページを開設して取引の申込みを受けるか否か、申込みを受ける場合のURL等です。

法定費用

新規許可申請 19,000円

※上記は神奈川県の場合です。

報酬額(税抜)

当事務所報酬額 50,000円

※上記は基本となる金額です。申請内容等により金額が異なる場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。

参考リンク

神奈川県警ウェブサイト(古物商許可申請)

お気軽にお問い合わせください TEL 045-349-2931 電話受付 9:00 ~18:00 [ 土日・祝日を除く ]

PAGETOP
Copyright © 石野行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.