6月9日、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の一部を改正する省令等が公布されています(官報号外第122号)。

以下、環境省報道発表資料より、改正の趣旨及び概要並びに施行期日を抜粋します。

1.改正の趣旨

「水銀に関する水俣条約」による水銀廃棄物の環境上適正な管理を確保するため、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令(平成27年政令第376号)において整備された規定に基づき、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則(昭和46年厚生省令第35号)等について、所要の改正を行うものです。

2.改正の概要

(1) 特別管理一般廃棄物又は特別管理産業廃棄物の処分基準の追加
(2) 廃水銀等の硫化施設の産業廃棄物処理施設への追加
(3) 水銀使用製品産業廃棄物及び水銀含有ばいじん等に係る処理基準の追加
(4) 従来の水銀を含む特別管理産業廃棄物に係る処理基準の追加
(5) 最終処分場の維持管理基準及び廃止基準の追加

3.施行期日

平成29年10月1日

 

 

詳細につきましては、環境省ウェブサイト等をご覧下さい。

 

 

参考

  • 環境省「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の一部を改正する省令等の公布(水銀関係)について」平成29年6月9日付け報道発表資料、環境省ウェブサイト、http://www.env.go.jp/press/104151.html