平成27年度補正予算「住宅省エネリノベーション促進事業費補助金」の追加公募について、執行団体である一般社団法人環境共創イニシアチブのウェブサイトに掲載されています。

  • 本補助金は、「住宅の省エネ化を図るリノベーションを促進するために、既築住宅の所有者等による高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を支援すると共に、戸建住宅においては、この断熱改修と同時に行う高性能な家庭用設備(高効率給湯機等)の導入・改修支援も行うもの」です。住宅の省エネ化を図るリノベーションを促進するために、省エネ性能が高い建材(ガラス、窓、断熱材)を用いた断熱改修を支援する国の補助制度です。なお、戸建住宅に関しては、高性能建材の他に高性能設備(蓄電システム等)も補助対象となっています。
  • 申請には最低限以下の要件を満たす必要があります。
  • 住宅の全体の一次エネルギー消費量の15%以上の削減が見込まれる改修を行うこと。
  • 環境共創イニシアチブ(SII)が定める性能要件等を満たす製品を使用して改修を行うこと。
  • 公募期間中に補助金の交付申請を行い、SIIから通知される交付決定日以降に改修工事の契約・着工を行うこと。
  • 本補助金は、現在4次公募を行っていますが(4次公募締切は、平成28年8月31日(水)17:00必着)、平成28年8月31日時点で事業規模に達しない場合、平成28年9月5日より追加公募を実施する予定であることが、8月18日にSIIより発表されています(追加公募の詳細については、後日、SIIウェブサイトで公表予定)。

対象製品に指定があるものの、事業対象としては比較的利用しやすいと思われます。これからですと日程的にややタイトとなりますが、リフォーム事業者の方などは、お客様へのご提案等に利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

詳細につきましては、一般社団法人環境共創イニシアチブのウェブサイトhttp://sii.or.jp/renovation27r/をご覧下さい。