8月16日、厚生労働省より、外国人技能実習生の実習実施機関に対する平成27年の監督指導、送検の状況について発表されています。

平成27年の監督指導・送検の概要は以下のとおりです(厚生労働省「外国人技能実習生の実習実施機関に対する平成27年の監督指導、送検の状況を公表します」(平成28年8月16日付け報道発表)、http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000133506.html(厚生労働省ホームページ)より)。

  • 労働基準関係法令違反が認められた実習実施機関は、監督指導を実施した 5,173事業場(実習実施機関)のうち 3,695事業場(71.4%)。
  • 主な違反内容は、(1)違法な時間外労働など労働時間関係(22.6%)、(2)安全措置が講じられていない機械を使用させていたなどの安全基準関係(20.8%)、(3)賃金不払残業など割増賃金の支払関係(15.0%)の順に多かった。
  • 重大・悪質な労働基準関係法令違反により送検したのは 46件。

詳細につきましては、厚生労働省ウェブサイトをご覧下さい。

参考

厚生労働省「外国人技能実習生の実習実施機関に対する平成27年の監督指導、送検の状況を公表します」(平成28年8月16日付け報道発表)、http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000133506.html(厚生労働省ホームページ)